逆流性食道炎を改善するためには|病気を克服するためのカギ

実験に必要なもの

女医

実験の流れ

適当な抗体を探すことから始まる免疫沈降の実験は、それらにおいて精製したい標的を用意し、標的たんぱく質と相互作用するかもしれないと予想されるタンパク質を抗体として準備しなければなりません。一般的に非変性状態の抗原は補足にとても適しているといえ、そのような抗体を自ら選択していきます。市販されている抗体の中には免疫沈降の実験実績があるものが記載されているケースもあり、実験材料として大変有能だといえます。次に選択するのが適当な抗体であるアガロースレジンを固体化していきます。この時点でIP抗体を固定化した担体したものは目的のタンパク質を含むサンプルと混ぜ合わすことになります。また、この抗体を回収した後に洗浄すればまた新たにタンパク質との複合合体が可能になるため、ほかのタンパク質と分離させることが出来るでしょう。

実験に使用するもの

免疫沈降をする時に使用するフォーマットは沢山あります。一つ目は、カラム法とパッチ法です。IP用担体を沢山含ませたカラムの中で転倒と混和をしながら反応を示してくれます。また、洗浄から溶出までカラム法を使った免疫沈降の実験が出来るので広く使用されています。バッチ法に関しても同じで、チューブの中で何度も転倒と混和を繰り返しながら反応をしたり洗浄をしたりします。ただバッチ法に関しては遠心後回収に時間がかかるため、一般的に免疫沈降の実験をする時はカラム法の使用が普通になっています。これらを参考にしながら免疫沈降の作業を地道に続けていきましょう。